トピック

TOP > 初めての笹計量

初めての笹計量

松寿仙の原料となるクマザサは、毎年8月下旬から9月にかけて採取されます。

この時期は和漢薬研究所に青森、秋田、岩手や長野から採取されたクマザサが毎日のように早朝に到着します。

初めての笹計量2018年9月6日に、初めて朝の笹計量作業に参加しました。
当日は晴れでしたが、計量の現場はちょうど建物の日陰になっており、気温が上がらないうちに作業を始めることができました。初めての参加ということもあり、同日参加の先輩方に笹を運ぶ時のコツや、パレットに積むときの注意点などを指導していただきながら作業を進めていきました。
笹の入った麻袋はパンパンに膨れており、注意して運ばないと笹がこぼれたり、パレットの上で転げてしまうため、翻弄される場面が度々ありました。全体のペースについていくのはかなり難しく、目の前の作業を進めることに必死で自分の運んだ量も憶えてはいられませんでしたが、なんとか計量終了まで作業を行うことができました。
心地よい汗をかくことができましたが、その日の昼過ぎから次の日にかけて、体の節々が筋肉痛を起こし、やや大変な思いをすることにもなりました。
15日の計量最終日にも参加させていただきました。この日は雨天での作業となりましたが、無事最後の一袋まで計量を終えることができました。すっかり作業を終えたあとは、すがすがしい達成感を感じることができました。
初めての参加ということもあり、力仕事にも自信のなかった私ですが、先輩方に優しくアドバイスをいただきつつ、微力でも貢献できたことを嬉しく思います。

初めての笹計量
初めての笹計量
← 前のページに戻る
自然薬グループ長寿の森林募金 物忘れチェックシート


PAGE TOP